WiFiルーターのキャンペーンを比較検証 

WiFiルーターのキャンペーンを比較検証 WiMAX・ドコモ・イーモバイル

公衆無線LANの種類とそれぞれの特徴

読了までの目安時間:約 3分

便利な公衆無線LANでネットを使おう

カフェやファーストフード店などの飲食店をはじめ、駅や空港でも使えるようになってきた公衆無線LANを使えば、スマホやタブレットでネットサーフィンをするときも快適です。
 
ちょっとし空き時間に飲食店でパソコン作業をするのにも向いています。様々な場所で使うことができる公衆無線LANですが、メリットとデメリットがあるので簡単にまとめてみます。
 

どこでも低料金で使える公衆無線LAN

公衆無線LANのメリットは、なんといっても価格の安さです。スマホやタブレットなどでは、月々のパケット通信量が発生してしまいます。
 
また、月のパケット通信量が7GBを超えてしまったら通信制限されてしまいます。通信制限を解除するには、解除料が必要になります。
 
パケット料金や通信量を気にする人の中には、スマホやタブレットとは別にモバイルルーターを持ち歩いている人も多いと思います。
ですが、モバイルルーターも月額3,000円以上の使用料がありますし、7GBの制限があるモデルも複数あります。
 
それに対して、公衆無線LANは月額料金が低価格で利用できたり、種類によっては無料で利用することもできます。公衆無線LANなら、3GやLTE回線を使うよりも高速な通信をすることができます。
 
外出先などでインターネットを「低価格で使いたい」という人は、公衆無線LANを利用するようにしましょう。

 

セキュリティや速度に注意

低価格で利用できる公衆無線LANにもデメリットはあります。
たとえば、契約している公衆無線LANが入っていないお店などでは、もちろん利用することができません。
 
不特定多数の人が使うため、スマホやタブレット、パソコンのセキュリティのことも考えないと行けません。
公衆無線LANの種類によっては、3GやLTEよりも低速な回線ということもあるので、利用の際は注意しましょう。
 

メリットとデメリットを理解してうまく使おう

公衆無線LANは、メリットとデメリットを理解すれば、非常に便利なサービスです。
外出先でも、快適なインターネットをしたいという人は利用してみてはいかがでしょうか。

SoftBankのWiFiルーターキャンペーン

読了までの目安時間:約 3分

モバイルルーターがあれば、パソコンやタブレット、スマートフォンなどを外出先でネットに接続する時に使えるます。
各社、様々な機種やデータプランなどで「どれを購入すれば良いのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。
 
モバイルルーターの購入に迷っているなら、SoftBankのモバイルルーターを検討すると良いかもしれません。
SoftBankのルーターにあるPocketWi-Fiシリーズなら、SoftBankの通信回線とEMOBILEの通信回線の両方が使えるのでオススメです!
 

月額3,880円で利用できる

例えば、Pocket WiFi 203Zの場合、通常なら機種代を含んだ月額料金は6,510円ですが、『4Gデータし放題フラット+』に加入すれば、『特別キャンペーン』が適用され、月額料金が3,880円で利用することができます。
 
※キャンペーンの終了期間は、現在のところアナウンスされていません。

 

下り最大110Mbpsの高速通信ができる

通信は、PocketWi-FiシリーズならSoftBank 4GとEMOBILE LTEの回線を使って、下り最大110Mbpsの高速通信をすることが可能です。
 
下り最大110Mbpsならネットサーフィンは快適に行えるうえ、HD動画を再生したり、サイズが大きいファイルやアプリもスムーズにダウンロードすることができます。
 
4Gで接続できない場合でも3G回線を使えば、下り最大42Mbpsで通信する事ができます。
 

SoftBankのルーターだから、広い範囲で利用できる

SoftBankの回線を使って、通信をするため広い範囲でネットワーク接続をすることができます。
「ネットに繋がっていないと困る」という人に向いています。
 

安く高速通信と広範囲で利用をしたいならSoftBank

SoftBankのモバイルルーターなら、料金も月額3,880円で利用でき、下り最大110Mbpsの高速通信もSoftBankとEMOBILEの回線を使うので、広範囲で利用できます。
 
料金を安く、高速通信を広範囲で行いたい場合はSoftBankのモバイルルーターがいいかもしれません。

公衆無線LANとWiFiルーターの比較 それぞれのメリットとデメリット

読了までの目安時間:約 3分

<公衆無線LANを使えばネットができる!>

モバイルルーターを持っていなくても、カフェやファストフード店、駅や空港などあらゆる場所で利用することができる公衆無線LANを使えば、パソコンやタブレットをネットに接続することができます。

<公衆無線LANの種類>

公衆無線LANには、いくつか種類があります。
例えば、携帯キャリア各社が提供しているWi-Fiスポットは、多くの飲食店で利用することができます。

携帯キャリアの公衆無線LAN以外にも、SoftBankが提供しているBBモバイルポイントなどは、駅やカフェなど全国で役42,000カ所のエリアで利用することが可能です。

BBモバイルポイントは、niftyやWi2 300などの他のプロバイダと契約することで、SoftBank以外の公衆無線LANを使うこともできるようになります。

他にも、スターバックスは独自のat STARBUCKS Wi2という無料の公衆無線LANサービスも展開しています。

最近では、コンビニ各社が独自の公衆無線LANサービスを用意していることがあるのででより多くの場所で公衆無線LANを利用してインターネットを楽しむことができます。

<公衆無線LANのメリットとデメリット>

公衆無線LANは月額数百円の利用料金を払えば、利用することができるのでモバイルルーターを持つよりも料金を大きく節約することができます。

ただし、契約している公衆無線LANが提供されていない場所では、ネットを使うことができません。
また、複数人が同時に同じ回線を使ったりすることもあるので、通信速度が著しく遅くなってしまうということもあります。

公衆無線LANの場合は、多くの人が利用しているためモバイルルーターよりもセキュリティ面にも気を配る必要があります。

うまく使えば公衆無線LANは、モバイルルーターを持つよりも料金を安く抑えることができます。
自分がよくいくお店などで、公衆無線LANが使えるのなら利用してみるといいかもしれません。

WiFiルーターの選び方
docomoのキャンペーン
カテゴリー
最近の投稿