WiFiルーターのキャンペーンを比較検証 

WiFiルーターのキャンペーンを比較検証 WiMAX・ドコモ・イーモバイル

公衆無線LANとWiFiルーターの比較 それぞれのメリットとデメリット

読了までの目安時間:約 3分

<公衆無線LANを使えばネットができる!>

モバイルルーターを持っていなくても、カフェやファストフード店、駅や空港などあらゆる場所で利用することができる公衆無線LANを使えば、パソコンやタブレットをネットに接続することができます。

<公衆無線LANの種類>

公衆無線LANには、いくつか種類があります。
例えば、携帯キャリア各社が提供しているWi-Fiスポットは、多くの飲食店で利用することができます。

携帯キャリアの公衆無線LAN以外にも、SoftBankが提供しているBBモバイルポイントなどは、駅やカフェなど全国で役42,000カ所のエリアで利用することが可能です。

BBモバイルポイントは、niftyやWi2 300などの他のプロバイダと契約することで、SoftBank以外の公衆無線LANを使うこともできるようになります。

他にも、スターバックスは独自のat STARBUCKS Wi2という無料の公衆無線LANサービスも展開しています。

最近では、コンビニ各社が独自の公衆無線LANサービスを用意していることがあるのででより多くの場所で公衆無線LANを利用してインターネットを楽しむことができます。

<公衆無線LANのメリットとデメリット>

公衆無線LANは月額数百円の利用料金を払えば、利用することができるのでモバイルルーターを持つよりも料金を大きく節約することができます。

ただし、契約している公衆無線LANが提供されていない場所では、ネットを使うことができません。
また、複数人が同時に同じ回線を使ったりすることもあるので、通信速度が著しく遅くなってしまうということもあります。

公衆無線LANの場合は、多くの人が利用しているためモバイルルーターよりもセキュリティ面にも気を配る必要があります。

うまく使えば公衆無線LANは、モバイルルーターを持つよりも料金を安く抑えることができます。
自分がよくいくお店などで、公衆無線LANが使えるのなら利用してみるといいかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

WiFiルーターの選び方
docomoのキャンペーン
カテゴリー
最近の投稿